マッサージチェア

マッサージチェア

マッサージチェア

このページは「マッサージの定義と概要 」の情報コンテンツです。
マッサージチェア > マッサージの定義と概要

豆知識

マッサージの定義と概要

普段何気なく使っている言葉ってたくさんありますが、そもそも「マッサージ」はどういう行為をさすのでしょうか?

マッサージは医療?

マッサージはもともと、さまざまな言語の「揉む」という言葉がまざってマッサージになったのですが、語源からわかりように当然ながら揉む・揉みこむという行為がマッサージ。では、このマッサージとは医療行為となるのでしょうか?

マッサージの中でも、国家資格として認められているマッサージ指圧などであれば一部保険が適応になるのですが、あくまでもマッサージは類似医業行為。直接的な医療とはされていませんが、それでもはるか昔はマッサージは医術と共に学ぶべきものとして扱われていたといいます。

最近のマッサージ事情

現代のマッサージは少し様変わりしてきて、白衣を着た先生がいて病室のような場所で横になって施術してもらうものから、保険適用は受けられないもののリラックスを目的としたマッサージ店が多くなっています。清潔感のある店舗で、施術を受ける場所の証明は落としてあって深く腰掛けられるソファーのような場所に座ってフットマッサージを受けたり、気軽に短時間で受けられるマッサージであったり、ですね。

本来マッサージはその人の筋肉量や状態によってどういったマッサージを行うべきか判断されるべきですが、これらリラクゼーションメインのマッサージ店では店舗の雰囲気によるリラックスとマッサージの「気持ちいい」というポイントに関するリラックス効果を目的にする場合が多いようですね。

自己流マッサージは危険

マッサージ店に行くのは面倒、かといってマッサージ器は持っていない・・という方が自分でマッサージをしたくて肩を叩いている、、こんなシーンはもしかすると今まさにアナタが行っているかもしれませんね。しかし、これには非常に危険な場合があります。

マッサージは強い方が気持ちいいから、と強く強く肩の筋肉を叩いている時、ある時を境にあまり気持ちよくなくなったので叩くのに使っていた道具をもっと重たいものにしたり、力を強くしたり・・これが非常に危険なのです。マッサージの「痛いけど気持ちいい」というのは筋肉を傷めてしまっているだけの場合があります。筋肉は傷んでしまうと強くなろうとして硬くなったり筋肉量が増えたりしますが、「気持ちよくなくなった」というのは筋肉がより硬く酷い状態になっている可能性があるのです。

これをずっと続けていると筋肉はどんどん硬く緊張している状態になり続けてしまい、実はどんどん肩こりがひどくなってしまうケースがあります。何事もほどほどにしなければいけないという点と、素人が勝手な知識でマッサージを行うくらいなら、ちゃんとしかるべき場所で施術してもらうことをお勧めいたします。

商品リスト

マッサージ チェア

マッサージ チェア

マッサージ クッション

マッサージ クッション

フットマッサージャー

フットマッサージャー

美顔マッサージ器

美顔マッサージ器

   

プレゼントチャンス

1万円が当たる抽選チャンス付き!キャンペーン中の今がお得です!!

マッサージチェア 激安通販